たまった疲れに効果的な酸素カプセル。

普段通りに就寝して、いつもと同じ時間に朝起きても、すっきりとせずに身体が重たく感じることがあります。そんなときは、身体に日頃の疲れが蓄積してしまっているかも知れません。そんなときに、酸素カプセルが効果的です。

疲労物質を取り除く酸素カプセル

いつもと変わらない生活リズムで、特に無理をして仕事や遊びをしたわけでもないのに、しっかりと睡眠をとっても朝起きて身体が重たく感じることがあります。そのようなときは、知らず知らずのうちに、疲労が蓄積されてしまっている場合が多いのです。このようなケースでは、多少休んだくらいでは、なかなか身体は回復していきません。蓄積された疲労は、ゆっくりと時間をかけてそこまで来た分、回復にもそれなりの時間が必要となるのです。そんなときに効果的に働いてくれるのが、酸素カプセルです。カプセルの中では、高濃度の酸素を身体の中に取り込んで、血中に入り込んだ酸素が疲労物質である乳酸を水と炭酸ガスに分解して、身体の外に流していく作用があります。このようなことから、疲れやストレスが軽減されていくことが期待できるのです。たまった疲労をそのままにしておくと、免疫力が下がっているため、病気にかかりやすいです。ぜひしっかりと疲労を抜いていきましょう。身体に不調があらわれたら、病気にかかる可能性が高くなったというサインだと思うことが重要です。そのまま放置せず、ちゃんと自分の身体と向き合って対処して行くようにしましょう。また、心の不調も同様ですので注意が必要です。

酸素カプセルのリハビリ効果で症状改善を

リハビリが必要になるようなけがの代表例が、骨折や靭帯断裂、筋挫傷などでしょう。こうしたけがによって傷ついた細胞を再生させるには、たくさんの酸素が必要となります。酸素カプセルはそれに応える方法であると期待されています。

溶解型酸素の量を増やす

リハビリが必要なけがと言えば、骨折や靭帯断裂、筋挫傷などが挙げられます。いずれも治癒までに長い期間が必要となります。しかし、酸素カプセルを利用したことで、治癒までの期間が短縮できたとする例も見られます。骨折や靭帯断裂、筋挫傷で傷ついた部位を修復するには、かなりの酸素を必要とします。しかし受傷部位の毛細血管は相当ダメージを受けていて、酸素を運ぶ赤血球が通れないこともあります。赤血球は普段でも、変形しながらやっとひとつずつ、毛細血管の中を通っています。損傷した毛細血管の中をスムーズに通るのは困難でしょう。ところが、酸素には、赤血球と結びつかず、血中に溶けている溶解型酸素もあります。溶解型酸素なら、損傷した毛細血管であっても、その中を通って受傷部位にたどり着けます。この装置に入ると、この溶解型酸素の量が増えます。そのため、受傷部位の修復が進みやすくなり、リハビリに結び付くと見られています。 なかなか治りにくいとされているけがも、酸素カプセルに入ると早く治りやすくなるという例は少なくないようです。なぜ早く治るのか、そのメカニズムもだいぶ解明されつつあります。スポーツ選手などが復帰する場合によく使われますが、一般の人のけがの回復にも役立ちそうです。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]