スポーツのパフォーマンスがあげられる酸素ルーム

酸素をたくさん吸うことによって、疲労回復を進めていくことが可能になっています。スポーツのパフォーマンスを上げるために導入するようなところも増えていて、体を良い状態に変えていくことができるので注目されています。

酸素をたくさん吸える部屋の設置

酸素ルームは、スポーツなどの疲労回復を効果的に行うことができます。部屋になっているため、部屋の中にテレビやソファーなどを置くことも可能であり、長時間滞在することができるため、よい体のケアをすることができる設備になっています。ワールドネットインターナショナル株式会社では、多くの種類の酸素ルームを取り扱っています。4,5人が入ることができるタイプのものから30人が入ることができる大型のものまで取り扱っていて、さまざまな企業に導入されています。部屋にエアコンなどの設置をすることも可能になっていて、快適に過ごせるような設備を整えてもらうことができるため、良いものを買うことができます。誰もが知っているような大学病院や、プロスポーツクラブでの導入実績があり、高い品質のものが設置できることが立証されているため、安心して設置することが可能です。個人の家でも取り付けられるため、いろいろな人が問い合わせをしている会社になっています。ワールドネットインターナショナル株式会社では、小型から大型の酸素ルームを取り扱っています。部屋の中に様々な設備を設置させていくことが可能であり、長時間快適に過ごせるようなものを設置できるので、問い合わせる企業などが多いです。

酸素ルームに期待されるストレス解消効果

酸素ルームに入ると、酸素が全身に行き渡りやすくなると言われています。体の中で、酸素を一番必要としている脳細胞にもスムーズに酸素が入り込めるようになるため、疲れた脳の修復も進みやすくなり、ストレス解消につながると期待されています。

脳に十分な酸素を届ける必要性

 ストレスは、脳の疲れが最も大きな原因であると考えられます。脳細胞が良好な状態とは言えず、ダメージを受けているわけで、それを回復させるには、大量の酸素が必要となります。もともと、脳は体の中で、最も大量の酸素を消費しています。酸素の25%は脳によって消費されています。酸素不足によって、最もダメージを受けやすいのは脳です。酸素が2分届かなければ、細胞が死んでしまうほどです。筋肉細胞などなら、酸素をある程度貯めておくことができるのですが、脳にはそれができません。常時、酸素を届け続けなければならない場所です。脳に十分な酸素が供給できなくなると、ストレスにも対抗しづらくなります。疲労して傷ついた脳細胞の修復が、はかどらないからです。酸素ルームに入ると、酸素をたっぷり体内に摂り込めるだけでなく、赤血球が通りにくい極細の毛細血管の、先にある脳細胞にも、酸素を届けやすくなるとされています。
脳に酸素が行き渡らないと、疲れていても眠れなかったりします。眠りに入るには脳の正常な働きが必要だからです。不眠は危険な状態です。酸素ルームの、脳細胞に効率的に酸素を届けるとされる働きを利用し、脳の活動を正常化させることを考えてみてもいいかもしれません。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]