スポーツの疲れ対策に酸素カプセル

運動をすると、筋肉が疲労したり、酸素を大量に消費したりするため、体は酸素が足りない状態に陥りがちです。酸素カプセルで酸素を体内に送り込むことで、自分の力を発揮したり、疲労の蓄積を防ぐ効果を実感できます。

酸素を細胞に送り込む酸素カプセル

負荷の大きさや時間の長さにかかわらず、スポーツをすると体は酸素を大量に消費します。サッカーやバスケットボールのような激しい運動はもちろん、ゆっくりとした動きのストレッチやヨガ、散歩でも、じっくりと体が温まっていき、血流が良くなるため、運動後も酸素を消費し続けます。筋肉を動かすための酸素も必要ですが、筋肉にたまった乳酸を分解して排出するためにも酸素が必要なので、体を動かすときには、意識して酸素を取り込むことが必要です。最近大変注目されており、メディアでも特集されることが多くなっている酸素カプセルは、高濃度の酸素をカプセルの中に充満させ、圧力をかけるため、効率よく吸い込んだ酸素を血液中に送り込むことができるので、体をスムーズに動かしたり、疲労の蓄積を軽減したりする効果を実感することができます。スポーツ選手が良く利用していることからも、運動をするときの酸素の重要性が分かります。体を動かす前や後に、高濃度の酸素をたっぷりと吸い込むことで、スポーツ時の筋肉の動きをサポートしたり、疲労の蓄積を防ぐことが期待できるので、カプセルの中で気圧と濃度をコントロールして酸素を血液に送り込むことは大変効果的です。

酸素カプセルでストレス緩和効果に期待

酸素カプセルには、様々な効果が期待されていると言われていますが、その一つがストレス軽減です。なぜか疲れがとれない、めまいや頭痛がする、体の不調が気になるという場合には、利用してみてはいかがでしょうか。

様々な効果が期待されます

血中脳疲労物質である乳酸を分解し排出する働きが期待されるのが、酸素カプセルです。疲労感や肉体疲労、肩や腰のコリを解消するに効果的です。また、肉体的・精神的なストレスを感じている場合には、睡眠が浅くなってしまい、夜中に何度も起きてしまう、十分な睡眠時間を確保することが出来ないという人も多いようです。睡眠不足は、イライラや倦怠感、不安感の原因となります。そのような状態の時にも十分な酸素を体に行き渡らせることにより、頭がスッキリとしてリラックス効果を得ることが出来ます。その効果については、個人差はありますが、酸素が十分なカプセル内で1時間の睡眠をとった場合には、通常の睡眠の4時間から5時間程度と同じような回復感を得ることが出来るとされています。普段、パソコンやスマートフォンを長時間使用していると、眼精疲労になりがちですが、そのような症状に対しても症状緩和の効果を期待することが出来ます。以前に比べて気軽に利用することが出来るようになった酸素カプセルでは、様々な効果を期待することが出来ます。カプセルに入る時間やタイミングは決められていませんが、1時間30分から2時間程度入ると効果を実感する人が多いようです。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]