スポーツの遠征にも使える酸素カプセル

本格的にスポーツをしていると、遠征に行くこともありますね。野球選手やサッカー選手、どんな選手でも遠征の可能性はあります。もし遠征に行く時に酸素カプセルを持ち運べたら、とても嬉しいですね。

持ち運べる酸素カプセルもある

酸素カプセルには、ソフトタイプで持ち運べるものもあります。軽くて折りたたみできるので、遠征先や試合会場、宿泊先、合宿時など様々なシーンに利用できます。
柔らかい酸素カプセルは耐久性が低いことが問題でしたが、ここの酸素カプセルは1.3気圧まで加圧しても壊れにくい設計になっています。何度も壊して何度も作り直したことで、安全第一で機能向上を実現した製品です。酸素カプセルを利用することで、スポーツで使った疲れを癒し、リラックスしやすくなります。それにより選手のパフォーマンスを向上させることにもつながるでしょう。
従来のソフトタイプカプセルは12kgあって、持ち運ぶのは難しかったのですが、ここの製品は7kgまで減量してあるので、楽に持ち運ぶことができるでしょう。持ち運べるソフトタイプの酸素カプセルであれば、スポーツ時の遠征などの時にも利用することができます。安全に使えるように何度も耐久性を試してあるので、安心して使えます。

酸素カプセル 導入費用と価格設定

スポーツ選手のみではなくエステやジムを中心に普及する中で一般客にも普及した酸素カプセルですが、その導入費用と収益はどれくらいになるのでしょう?導入する前におさえたい相場感を把握しましょう。

酸素カプセル 本体価格から考える導入基準

新品の酸素カプセルの購入価格は安いもので200万前後、高いもので400万前後となります。中古で安いものもありますが、メンテナンスなどの面を考えると機械の知識がつくまでは新品での購入をお勧めします。現金での購入もありますが、リースやクレジットなどに対応する販売店もあります。
ではお客様への価格設定ですが60分で3000円~6000円が平均的です。高く設定したい気持ちもあるでしょうが、「何度も利用してもらう」ことを重点的に考えたほうがいいでしょう。設置する施設の来客者数と見込み客をもとに考えていきましょう。例えば300人の来客者のうち1%が利用すると計算します。一日3回×30営業日×3000円とすると毎月270,000円の収益が見込めます。200万円で本体を購入した場合、1年未満で元が取れるという計算になり、設置を検討する価値があるでしょう。酸素カプセルを導入するにあたり、まずは設置場所の正確な来客数を知りましょう。まずは近隣の設置施設の価格を参考に仮説としての価格設定をし、疲労回復やケガの回復などを求める滞在顧客数をだし、検討したうえで機種購入をすることで確実な収益へつながるでしょう。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]