スポーツをやる人におすすめの酸素カプセル

スポーツをやる人にとって、どれだけ身体に疲れを残さないかは大きな課題です。そのため、運動が終わった後には、入念なストレッチを取り入れることがほとんどです。しかし、場合によっては取りきれない疲れもあります。

疲れを残さないために酸素カプセルが有効

スポーツをやる人にとっては、トレーニングによって身体を追い込み、そしてその疲れを癒してくれることが、身体能力をあげるためにとても重要になってきます。ところがどれだけ入念にストレッチや入浴をしても、疲れが抜けずに残ってしまうこともあるのです。その疲れを引きずったまま、激しいトレーニングを続けると、身体の機能が上がるどころか怪我をしてしまう原因となってしまいます。そのため、疲れが蓄積してしまったときには、軽い運動にとどめておいた方が良いのです。そうは言っても、それでは活躍の場が遠のいてしまうため、何とかトレーニングを継続したいという場合は、酸素カプセルを利用すると有効的に働きかけてくれます。酸素カプセルでは、高濃度の酸素を送り込むことで血中の疲労物質である乳酸を分解し、炭酸ガスと水に分解して体外へ排出する働きがあります。短時間で効果が期待できるため、多くのスポーツ選手からも愛用されているのです。オーバーワークは、身体を壊してしまうもとになってしまいます。身体の機能が回復してないにも関わらず、無理な負荷をかけて怪我をしてしまったら、もとも子もありません。しっかりと疲労を回復させて、ステップを踏むことが大切なのです。

酸素カプセルでアンチエイジングに取り組む

アンチエイジングの話で酸素と聞くと、真っ先に思い浮かべるのが活性酸素ですね。もちろん、身体の中が活性酸素だらけになっては良くないのですが、酸素全体として見れば、むしろ身体を健康に保ち、元気にさせるために必要なものなのです。

アンチエイジングに必要な酸素

現代人は慢性的に酸素不足の状態にあると言われています。運動量の低下によって血中のヘモグロビン量が少なくなっています。ヘモグロビンが身体のすみずみに酸素を運んでくれるのですが、ヘモグロビンの量が限られれば、おのずと運ばれる酸素の量にも限界があります。結果的に身体は酸素不足に陥るというわけです。酸素の不足を痛切に感じるのが、運動の後です。運動後の身体には乳酸が溜まります。この乳酸が疲労のもとなのですが、乳酸を分解してくれるのが酸素なのです。しかし、酸素不足で乳酸がいつまでも残っていると疲労感がなかなか抜けません。この状態を解消してくれるのが、酸素カプセルです。カプセルの中は、通常よりも圧力をかけた状態になっています。この高圧状態で、酸素を供給すると、酸素は血中に直接溶け込んで身体全体に運ばれるようになります。つまりヘモグロビンの運搬限界を超えて酸素を取り入れることが可能になるのです。酸素カプセルを使うことで、身体のすみずみに十分な酸素を届けることが出来るようになります。この結果、あちこちに残っている乳酸は分解され体は疲労から回復することができるようになります。また、細胞ひとつひとつを元気にするアンチエイジングなのです。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]