スポーツ選手に期待される酸素カプセル

酸素カプセルと言えば、プロスポーツ選手が怪我の治療のために用いるものだとイメージする人が多いと思いますが、そもそも治療器具ではありません。酸素カプセルはカプセル内の酸素濃度を正常化し、体に必要な量の酸素を送ることで、体本来の機能を取り戻すことが目的なのです。

酵素カプセル②が脳内に与える影響

最近では、プロ、アマ問わず、多くのスポーツ選手が酸素カプセルを活用して、自身のパフォーマンスを高めています。彼らにとって、最も大切なのは、試合本番において練習どおり、若しくはそれ以上に能力が発揮できるか否かです。そのためには、体調管理や肉体を鍛える事は当然として、集中力を高めなくてはなりません。
実は、集中力と酸素には大きな関係があり、必要な酸素をしっかりと脳内に取り込めている人ほど、集中力を高め、またそれを持続できていますので、良いパフォーマンスにつながっています。つまり自分の能力を最大限に引き出すためには、まず、空気中の酸素濃度を高めることに取り組まなければなりません。
その点、酵素カプセル②は、カプセル内空気中の酸素濃度は30パーセントで保たれており、脳内に酸素が行き渡る仕組みができており、体調を整えるだけでなく、集中力を高めることも期待されています。酸素カプセルは、怪我をした有名スポーツ選手が使用していたことから、怪我をケアする器具であると誤解されがちですが、実は、酸素を体内に吸込むことで、体調の改善や集中力が高めることを目的としています。

不要になった酸素カプセルの処分

酸素カプセルを利用することで得られる健康効果が広く知られるようになり、多くの施設で導入されるようになりました。しかし店舗の移転や買い替え、施設の閉鎖などで不要になった場合、どのように処理すればよいのでしょう。

酸素カプセルの買取業者を利用する

店舗や施設に置いてあった酸素カプセルを処分したいという場合、粗大ゴミとして出すか、産業廃棄物として処理するか、不要品業者に依頼して回収してもらうかなどの選択肢があります。
しかし、まだ使える状態なら、中古販売業をしている業者に買取ってもらうという方法があります。酸素カプセルを中古で購入したいという需要があるので、意外と高額で買ってもらえることもあります。酸素カプセルはサイズの大きなものですし、業務用の場合は特に金属や樹脂でできた部品が多いため、処分するのにも手間と費用がかかります。
業者には酸素カプセルを扱う専門の会社だけでなく、リサイクルショップやフィットネス器具のお店や健康器具専門店、美容器具専門店など、さまざまなジャンルがあるので、多くの選択肢から選ぶことができます。大きなものは廃棄するのも大変ですし、費用もかかるので、引き取ってもらえて少しでもお金がもらえると嬉しいですよね。そうとは言っても、やはりできるだけ高く買ってもらえる所を選びたいですね。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]