スポーツ選手も取り入れる酸素カプセル

酸素カプセルは十年以上前にサッカー選手が骨折の治療に使って復活を遂げた未来的な医療器具として話題となりました。それ以来一気に名前が全世界的に拡散し、アスリートならず一般人にも利用される存在となっています。

酸素カプセルは一体どのようなものか

どのような仕組みであるか説明すると、人一人分のスペースのカプセル内で密閉し、気圧を標準気圧よりも加圧する健康機器です。さらに昨今では酸素濃縮濃度を上げるカプセルの場合、医学的にも生活習慣病に効果があるとされる治療効果が見られます。加圧された環境で休息することにより、酸素を取り入れる効率を向上させ、疲労回復と血行促進に効果があるとされます。このカプセルに真っ先に手をつけたのがスポーツ選手であり、ソフト型と呼ばれるものは持ち運びが可能で、アスリートが大会に持参することもあります。こういったスポーツ選手の愛好家が多いことから、一般的認知が強まっていきました。人間の身体は酸素を欲しがっている状態です。脳はたくさんの酸素を使用していて、高齢の方にもボケ防止や老化防止などに高い効果が得られるとされています。このようなことから医療施設だけでなく介護施設にも導入されることが多いようです。酸素カプセルはもう夢のアイテムでもなんでもなく、一般人にとって簡単に利用できる段階に発展しています。前述した介護施設や病院だけでなく、エステサロンや整骨院、スポーツジムやクラブチームなど様々で、今後も体験できる機会は増えていきそうです。

ストレスを乗り越える酸素カプセル

今の日本の環境は、さまざまなところからストレスの影響を受けやすい世の中になっています。身体が悪いわけでもないのに不調を感じたら、そのような影響が原因となっているかもしれません。そういうときには、しっかりとした対処が重要となります。

酸素カプセルが有効な手段となりうる

人の身体は敏感なもので、心に負担がかかっていると、それが身体の不調となってあらわれます。自分では意識していなかったり、大したことはないと思っていても、身体や心は耐えきれない負担として影響を受けていることが多くあるのです。人間は成長していくために、ある程度のストレスは必要だと言われています。しかし、身体の不調が続くようですと、そのまま病気へと発展して倒れてしまう恐れもあります。そのため、できるだけ対策をしていくことが大事になるのです。女性であれば良く、ヨガやアロマなどを取り入れて、心身ともにリラックスできる時間を設けていることが多くあります。しかし、このような対策でも賄いきれない場合は、酸素カプセルが有効な手段のひとつとなります。高濃度の酸素を血中に取り入れることで、ストレスや疲労のもとになる乳酸を分解して排出する作用がありますので、利用する価値はあります。時間的にも負担にならない程度なので、利用しやすいのも特徴です。私たちは生活をしていく上で、さまざまな環境から良い影響も悪い影響も受けます。悪い影響は、自分なりの対処法で対策をして、身体や心を守っていくことが必要です。特に今の日本は、さまざまなところから影響を受けやすいので、注意していきましょう。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]