スポーツ選手も女優も活用している酸素ルーム

酸素は、生きるために必要なものです。
深呼吸が体に良いのは、酸素を多く取り入れることができるからです。
森林が伐採されたり、大気が汚染された影響で、100年前に比べると、酸素濃度は低くなっています。
そのため、十分な酸素を取り入れることが重要になっているのです。

スポーツ選手と酸素補給

プロのスポーツ選手は、酸素を効率良く取り入れることができる酸素ルームやカプセルを利用している人が多いです。最近は、アマチュアの選手でも利用者が増えています。
スポーツ選手は、一般の人に比べると、トレーニング量が多く、筋肉の疲労も大きいのです。酸素を補給すると、筋肉の疲れが取れやすくなります。
運動によって筋肉に蓄えられたグリコーゲンは、エネルギーを生成します。
エネルギーを生成すると同時に、疲労物質が作られます。この疲労物質が乳酸なのです。
乳酸が蓄積すると、疲労感を感じることになります。
酸素には、乳酸を水と炭酸ガスに分解する働きがあるのです。そのため、疲れが取れるのです。
酸素ルームやカプセルは、血液中の酸素の量を増やすことができます。
日本には、血行を良くするための健康法が多数存在していますが、血行が良くなり酸素を供給しやすくなっても、血液中の酸素量を増やすことはできないのです。酸素ルームやカプセルを利用すると、体内の酸素を増やすことができます。酸素を十分に補うことができると、美肌効果も期待できます。
そのため、女優やモデルにも愛用者が増えているのです。タバコを止めたくても止められないという人は、健康のためにできるだけ酸素を取り入れるようにした方がいいのです。

酸素ルームにこそ期待できるアンチエイジング

年齢が高くなると、毛細血管内が狭くなる傾向があります。そうなると酸素を各細胞に届ける赤血球が通れなくなることがあり、細胞は衰えやすくなります。酸素ルーム内の高い気圧を利用し、酸素を全身の細胞に行き渡らせるという方法に期待が集まっています。

気圧を利用して、より有効な酸素を増やす

 アンチエイジングを図るには、新陳代謝能力を上げることが大事です。新陳代謝をスムーズにおこなうには、十二分な量の酸素が必要です。酸素を各細胞に届けているのは、主に血液中の赤血球です。赤血球は毛細血管の中をひとつずつ、変形しながらやっと通過して体の隅々まで酸素を運んでいます。しかし高齢になると毛細血管が狭くなるため、赤血球が通過できなくなったりします。血中には、赤血球によって運ばれることなく、血中に溶け込んでいる溶解型酸素も少々存在しています。溶解型酸素は体液を通じて細胞に行き着くこともできるため、赤血球が行けなくなった先の細胞にとっては不可欠なものです。しかし、溶解型酸素の量を増やすことはそう簡単にはできません。そこで酸素ルームに期待が集まっています。酸素ルームに入るとだんだん気圧が高まっていき、その状態で数十分過ごすことになります。その結果、溶解型酸素が増えるとされています。気圧が上がると、液体に溶ける気体の量は増えます。酵素ルームは物理の法則にのっとった方法であり、気圧を利用してのアンチエイジング効果が期待されています。気圧の高いルーム内で高い濃度の酸素を吸うことで、溶解型酸素が増えるとされているからです。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]