体に疲れがたまったときに酸素カプセルが大活躍

仕事やスポーツをしていると、次の日にどっと疲れが出ることもありますよね。年齢を重ねていく中で疲労の回復が遅くなった…・呼吸が乱れやすくなったという悩みを持つ方は少なくありません。そのような方におすすめできる酸素カプセルの使い方を紹介しています。年齢や性別問わずに使えるサービスなので、ぜひ一度活用してみてくださいね。

全身に酸素を取り込めば筋肉痛になりにくい

身体への影響としてひとつ挙げられるのが筋肉痛です。少し走った・スポーツをした翌日にやってくる筋肉痛は筋肉の繊維が破壊されたことによって生じます。筋肉痛のあとは、昔の筋肉よりも強い筋肉を作ろうとするので、同じ運動をしても疲れにくくなるというわけですね。
この筋肉痛を早く楽にしたいときには。
・運動後すぐに栄養を摂る。
・水分補給をして老廃物を身体の外へ出す、血液の循環を良くする。
・マッサージ等で筋肉をやわらかくする。
・酸素カプセルに入り全身へ酸素を供給する。
などが挙げられます。運動後30分は栄養補給のゴールデンタイムとも言われており、身体が栄養素を最も欲しているタイミングです。プロテインやおにぎりなどのたんぱく質と炭水化物を補給することで筋繊維の回復に大きな役割を担うこととなります。そのほかにもアフターケアをすることで翌日に疲れを残さない身体作りが可能です。紹介したポイントを抑えながら、筋肉痛になりにくい身体を作ってくださいね。疲労が残りにくい身体を作るためにいくつかの要点を説明しましたが、手軽なのはマッサージか酸素カプセルでしょう。いまや全国に設置されているので、各地で使うことができますし、価格も非常に安いので安心です。上手に活用して、翌日に疲労を残さないようにしてくださいね。

酸素カプセルはリハビリにも最適

ケガや病気をした患部や病気が治り、日常生活に戻るために行われるのがリハビリです。ケガや病気の程度にもよりますが、心身共にかなりキツイといわれています。そんなリハビリをスムーズに進めるために有効なのが酸素カプセルなのです。

体の末端まで酸素を行き届かせる

ケガの患部の回復には酸素が必要です。私たちは呼吸をしているのでそれでも酸素は体内にとり入れられます。ただ、患部にはなかなか必要量行き渡らないことが多く、そのため治りが遅いといった状況が発生するのです。そこで酸素カプセルが有効なのです。酸素の量が多い環境下に身を置くことで患部に酸素が必要量届くようになります。ある有名なサッカー選手はこれで骨折を早期回復させ、大事な大会に間に合ったといわれています。もちろん効果には個人差がありますが、酸素は絶対的に必要な成分なので、副作用などはないですし、入って損はないわけです。入るだけととても簡単ですし、カプセル内は暗いので疲れているならそのまま寝てしまってもかまいません。とにかく入るだけで回復が早まるわけですから、ケガを早く治したいという方にはもってこいです。もちろん必要であればカプセルから出てから機能訓練をしないといけませんが、入ることでケガが早く治ればやる気も上がるはずです。リハビリはかなりキツイですが、酸素カプセルを利用することで、比較的スムーズに回復できる可能性が高まります。カプセルに入るだけでいいととても簡単なので、ケガがなかなか治らずに悩んでいるなら、一度試されてはいかがでしょうか。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]