導入しやすい酸素カプセル

酸素は生命を維持することに欠かせない物質です。地球上の空気の約20%は酸素であり、人間を含めた動物はこの酸素を吸って全身へと行き渡らせることによって活動を行います。しかし、酸素を運搬する血流は年齢と共に徐々に勢いを失っていきます。そこで酸素カプセルを使用して血流を再び活性化させることが大切です。

酸素カプセルの利点とサイズごとの違い

通常の空気よりも酸素濃度の高い酸素カプセルに入ると、たくさんの酸素が肺から血液へともたらされます。その後、心臓から全身へと酸素が送られます。酸素がたくさんあるとその分、血液中のヘモグロビンは全身へと届けようとするため、血液循環は活性化し、酸素を受け取った各部位の細胞も活動的になります。酸素カプセルとは人が一人で入るサイズの物を指し、一つの部屋のような大きなサイズの物は酸素ルームと呼ばれます。酸素カプセルの中にもいくつかの種類があり、搬入しやすいコンパクトな物や持ち運べるソフトタイプもあります。入った時の快適さと扱いやすさの両面を考慮して選ぶことが大切です。また、安全性に配慮し、出ようとすればすぐに出られる作りになっていることも重要なポイントといえます。酸素カプセルはコンパクトであることが長所の一つであり、比較的気軽に導入出来ます。一日に一度入るだけでも、体が活動的になったと感じる方が多いです。また、持ち運べるタイプの物は遠征先や出張先に持って行けるため、こちらも非常に人気です。

酸素カプセル導入時のポイント

酸素カプセルは確かに、高額なものです。それを導入する際には、長く維持してゆくためのアフターケアが重要なポイントになってきます。万一の故障時に修理代が高いようでは導入に不安を感じます。

酸素カプセル導入後のアフターケアの充実

酸素カプセルの販売・納品後のアフターケアは、多岐に渡ります。故障トラブルの際には、専門スタッフによる迅速な修理の対応の他に3年から5年の長期保証を用意してあります。また、消耗品の無償提供も行います。
法人向けの場合、通常の製品保証以外に追加オプションとして、定期的なメンテナンスがあります。酸素カプセルが使用できない状態は、売上に直結した大きな問題に発展します。そのようなリスクを避けるために定期的なメンテナンスは大切です。店舗への導入時には、集客に必要なツールの無償提供。
また、酸素カプセルを活用した、メニュー作りから、接客・マナー、クレーム処理、顧客満足度アップの方法などまで店舗運営をサポートします。これらによる経営ノウハウを駆使したコンサルティングは海外企業からも高い評価を得ています。充実したアフターケアは、安心して酸素カプセルを導入できる重要ポイントです。これらは、開発・設計、組み立て・製造、販売・設置、アフターメンテナンスまで一貫した体制の稼働により実現されています。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]