小型サイズの酸素カプセルが増えています

酸素カプセルを導入する施設や個人宅が増えてきています。スペースが限られている個人宅でも普及してきている背景には、酸素カプセルの設備自体のサイズの小型化が進んでいることがあげられます。

酸素カプセルの小型化

酸素カプセルは、健康増進用の設備として最近活用する医療機関などが増えてきています。リラックス効果も期待されていて、心身ともにリフレッシュすることができるツールとして注目されています。
また、最近では個人の家庭でも利用されるケースが増えてきています。個人宅のような限られたスペースしかない住まいでも利用できるほど、酸素カプセルのサイズの小型化、および軽量化が進んできています。個人宅では、リラックススペースとして、日常的に活用される機会も増えてきており、今後ますます需要が高まってくることが予想されています。
防災面でも機能が高いことが証明されています。耐火性に優れており、かつ頑丈な作りになっているため、災害時の避難場所として利用されることが期待されています。酸素カプセルを個人宅でも利用される機会が増えてきています。小型化・軽量化が進んでおり、限られたスペースの住まいでも十分利用可能になってきており、今後も需要が増してきそうです。

酸素カプセル導入時の不安

まだ、身近なものとなっていない、酸素カプセルを導入するという時、不安に思う点は多いはずです。予算オーバーの高価格ではないか?置きたい場所に置けるのか?簡単に操作できるのか?様々挙げられます。それらの条件をクリアした上で、最も重要なことは、安心・安全に使用し続ける製品であるかどうかという点です。

酸素カプセル導入時の不安払しょく

酸素カプセルは、金属製で一体型のハードタイプと柔らかい素材のソフトタイプがあります。パーツはネジ一つに至るまで国内生産で品質の信用を得ています。ハードタイプの酸素カプセル「オーツードクター」は、より厚い8mmの窓を採用。素材は「像が踏んでも割れない」ポリガネードを使用。
「耳抜きらくらく機能」は、強弱を繰り返し気圧を段階的にあげるため、耳への負担を穏やかにしてくれます。酸素カプセルのスイッチは内部の手元のボタンで操作可能です。だから、カプセル内で体調が悪くなった場合、自身で使用を止められます。地震・停電などの場合にもワンタッチで素早く窓を開けられます。ソフトタイプ酸素カプセル「O2-アクティブ」は、軽く折り畳み式で持ち運び便利です。素材は柔らかくても、より強い加圧に耐えられるよう開発したものです。機能と安全性を兼ね備えた逸品です。このように酸素カプセルは、素材の製法から製造・開発まで安心・安全を追求した製品です。それと同時に、機能性・利便性も兼ね備えています。重要な不安要素を払拭した上で、他の条件を考慮しながらの購入をお勧めします。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]