疲れに効果的に働く酸素カプセル

現在の日本は、ストレス社会と言われているように、精神的にも肉体的にもさまざまな環境から、ストレスを与えられています。普段の睡眠で疲れが抜けにくく、日中でも頭がはっきりとしない症状が続く場合は、疲れに対する対策が必要です。

頭も身体も疲労を取り除く酸素カプセル

私たちは、今生活している環境に慣れてしまっているため、ストレスがかかっていてもそれに気づかないで日常を送っていることが、良くあります。睡眠をしっかりととっているつもりでも、朝の目覚めがすっきりしなかったり、日中に頭がしっかりと働かなかったりする場合は、知らず知らずの間に疲労を溜め込んでいることが原因であることが多くあります。そのような症状が続く場合は、心も身体も一度リセットすることが重要です。そのような身体のサインが出ているにも関わらず、そのまま放置してしまうと、身体に不調があらわれ、場合によっては病気を引き起こし兼ねません。そんなときに、効果的に身体に働きかけてかれるのが酸素カプセルです。高濃度の酸素を血中に送り込むことで、効率的に疲労を緩和してくれる効果が期待できます。すると、頭も身体もリフレッシュできて、精力的に活動できる活力が生まれてくるのです。睡眠で疲れが抜けなければ、試してみる価値があります。現在の日本では、自分で気づかないうちにさまざまなストレスから、頭も身体も疲弊してしまっています。睡眠時間をしっかりととってもすっきりと目覚めることができない場合、効率的に疲労に働きかける酸素カプセルが役にたつのです。

大きなリハビリ効果を促す酸素カプセル

某有名サッカー選手の骨折を驚異的なはやさで回復させ、そのほかのプロのアスリートたちや一般の方たちまで、幅広く使える「酸素カプセル」、いわゆる「高気圧酸素療法」といわれるこの療法はいかなるものなのでしょうか。

毛細血管にまで酸素を

酸素カプセルは、ケガの回復やリハビリなどさまざまな効果が期待できます。なぜなら、靭帯など身体の多くの部分のケガの回復や細胞の再生には多くの酸素が必要だからです。体内の酸素には赤血球にあるヘモグロビンと結びつき流れていく結合型酸素と、ヘモグロビンとは結びつかず流れていく溶解型酸素があります。損傷した箇所の細胞は毛細血管まで断裂してたり、圧迫によってうまく酸素がゆき渡りにくい状態になっていまして、すみずみまで酸素を届けるには溶解型の酸素が不可欠なのです。酸素カプセルではこの溶解型の酸素を増やすことができるため、ケガの回復やリハビリには大きな効果が期待できるのです。ですが、この溶解型酸素はリハビリやケガをした人だけ必要なものではなく、結合型の酸素ではゆき渡りにくい末端の細胞までも活性化し血流を改善してくれました。このように酸素とは人間の身体活動には多くなくてはならない存在なのです。身体に酸素を多くゆき渡らせるということは血流が改善され、ケガがはやく回復するというだけではなく、手足などの冷えの改善や、血流が悪いことが原因で起こるであろうさまざまな症状、腰痛や肩こりの緩和など多くの効果に期待がもてるのです。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]