疲れやすさが気になる人におすすめは酸素ルーム

たっぷり眠ったはずなのに疲れが取れにくいことが続いたり、逆に眠りが浅くて熟睡感がなかったりするのが気になる人は、日常的な酸素不足に陥っているかもしれないため、酸素をたっぷり吸うことですっきりした気分になる可能性があります。

疲れやすさが気になるときの対処法

毎日くたくたで、眠っても眠ってもだるさや眠気が残ってしまうという人や、くたくたで速く眠りたいのに寝つきが悪かったり、眠りが浅くて夜中に何度も目が覚めてしまう人、寝不足が続いていてつらい人などは、集中力や思考力、気力が低下したり、だるさや頭痛、めまいがしたりすることがあります。なんとか、日常生活を送ることができたとしても、疲労のたまりやすさや抜けにくさが気になる人は、体のすみずみにまで酸素が届かず、慢性的な酸素不足に陥っている場合が多く、酸素をたっぷりと補給することで、体がリフレッシュしてすっきりとした気分になることができる可能性があります。良質な酸素をたっぷりと補給するために、酸素ルームが大変注目されています。簡単に設置できて、通う手間がないので、いつでも空いた時間にたっぷりと酸素を補給することができ、リラックスをしたり、トレーニングをしたり、自分の好きなように過ごしながら、上質な酸素環境にいることができるところが魅力です。疲れやすさが気になる人におすすめの酸素ルームは、慢性的な疲労を感じている人におすすめです。疲労が蓄積しすぎる前に、酸素をたっぷりと体のすみずみにまで送り届けることが、健康維持や疲労蓄積の予防につながります。

酸素ルームの利用でストレス軽減も

ストレスを軽減させるための中枢となるのが、脳です。脳は生体を守るため、さまざまな指令を出し、対応します。しかし、脳が酸素不足だと、その役割が果たせません。酸素ルームに入ると、脳に酸素を供給しやすくなると期待されています。

大事な脳の機能を守る酸素

ストレスがかかると、脳は生体を守るための方策をとります。体全体にアンテナを張り巡らせ、最善の策を考え、指令を出します。しかし、脳に酸素が不足していると、その大事な役割が果たせません。脳は、体全体の25%もの酸素を常時消費しています。酸素不足は、脳の機能に多大な影響を及ぼします。脳には常に、十分な酸素を供給し続けなくてはなりません。ところが、脳細胞に酸素を届ける毛細血管は、極めて細いため、酸素を運ぶ赤血球が通れないことも多いのです。酸素の中には、赤血球によって運ばれることなく、血液中に溶け込んでいる酸素もわずかながらあります。溶解型酸素と呼ばれているもので、これは体液にも溶けますから、赤血球が行き着けないところにある脳細胞にも入り込めます。こうしてすべての脳細胞に酸素が供給されているわけです。溶解型酸素はいくらでも欲しいところですが、増やす方法は限られ、酸素ルームがそのひとつの方法だと期待されています。ストレスを解消させるためにさまざまな指令を出している脳の機能を健全に保つためには、大量の酸素が必要です。しかも、溶解型酸素であることが求められます。酸素ルームは濃度と気圧が高いため、それを増やせると言われています。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]