省スペースでの設置が可能な酸素ルーム

トップアスリートなどが酸素ルームを活用しているニュースを見たことがある方もいらっしゃるかと思いますが、一般の方にとってはまだまだ浸透していないのが現実です。しかし、最近では個人でも安心して使用できるタイプも発売されていますので検討してみてはいかがでしょうか。

酸素ルームを設置しましょう

酸素ルームは高濃度の酸素に満たされた空間となり、体の疲れを癒してくれます。設置には手間がかからず、省スペースで活用することができますので、一般の個人の家にも設置することが十分に可能です。また、企業のリラックススペースとしての活用も増えてきています。部屋の中では、移動できる高さもあり、空間が広いため、ソファやベッドなどの家具を部屋の中に入れることもできます。大型液晶テレビやエアコンも利用できるので、普段と変わらない生活を送ることができるようになっています。企業のリラックススペースとしての活用も増えてきています。メーカーでもあるワールドネットインターナショナル株式会社では、10年保証もあるため、購入後のアフターフォローもしっかりと受けることができるので何かと安心です。詳しい商品説明などについては、ワールドネットインターナショナルの公式ホームページで一度確認してみてはいかがでしょうか。室内の閉塞感や圧迫感がないため、ルーム内でリラックスできます。個人の利用はもちろん、法人での活用シーンもさまざま考えられる商品だと思います。ワールドネットインターナショナルのように、10年保証がついている商品もあります。

酸素ルームの利用でストレス解消を

ストレスがかかると、自律神経失調状態になることがあります。自律神経の働きを正常に戻すためには、自律神経を司る脳が頼りとなります。しかし、脳に酸素が不足していると、脳が正常に機能しません。酸素ルームを利用すると、脳の酸素不足が解消できるとされており、期待が集まっています。

脳細胞に届く酸素をつくれる

酸素ルームは、脳細胞に届く酸素を増やせるとされています。体内にとり込んだ酸素は、赤血球に運ばれる結合型酸素と、血液中に溶け込む溶解型酸素にわかれます。脳細胞につながる毛細血管は非常に細いため、赤血球が通過できないこともあります。その先にある脳細胞は、溶解型酸素頼りとなります。溶解型酸素の量は極めて少なく、不足しがちです。有酸素運動である程度増やすことはできますが、ストレスの多い状態ではその方法はとりづらいでしょう。酸素ルームは、疲労困憊しているときの溶解型酸素量をアップさせるのに適した方法だと期待されています。ルーム内は酸素が濃く、気圧も高いので、溶解型酸素量が増えると見られています。気圧を高めると、液体に溶ける気体の量が増えるという物理法則にのっとった考えです。脳細胞の隅々まで酸素が十二分に行き渡れば、脳機能が回復しやすくなり、自律神経を正常化させる役割も果たせるというわけです。ストレス状態からの回復には、脳が正常に機能していることが不可欠です。脳は大量に酸素を必要としますので、常に十分な補給をしておきたいところです。ルーム内で過ごすことにより、脳に届きやすい酸素が増えると期待されています。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]