販売されてる酸素カプセルの安全性

酸素カプセルは睡眠不足などが原因による疲労回復や美肌効果だけでなく、怪我の治りを早くする効果も期待できますが、いくつかある機種で開けられる設計になっているのを選ぶことで、閉じ込められる事態を避けることができます。

販売されてる酸素カプセルの安全な使い方

酸素カプセルは安全に設計されていますが、停電などが速やかにカプセルから脱出したい事態が起きた時のことも考慮して、停電や電気系統などのトラブルにより、通電が遮断されてしまった時でも自動的に運転が停止して減圧する機種を選ぶことで、何らかの原因で設定気圧を超えてしまい上限値も超えてしまうのを防ぐことが可能です。
また、カプセル内にインターフォンと緊急呼び出しブザーが設置されている酸素カプセルを選ぶことで、インターフォンを通じて万が一酸素カプセル内で怪我をしてしまった時など、カプセル内から家族などに助けを求めることが出来ます。
専門店などで販売されている酸素カプセルは停電などが起きても大気中の酸素を使用しているので、中毒や爆発などの副作用はないと言われて、カプセル内も高気圧ですが、気圧は水深3メートル程度なので体への心配はないと言われています。専門店などで販売されている酸素カプセルを購入する時に、停電などで閉じ込められてしまう事態も考慮して、通電が止められた時に運転が停止して減圧する機能やブザーやインターフォンで家族などを呼び出す機能が付いているのを選ぶと万一に対応することも可能です。

酸素カプセル:カプセルの大きさは?

酸素カプセル:今回は、酸素カプセルとそのサイズについてご説明します。最近、人気の酸素カプセル、疲労回復スピードが速いなど、ブログ等でも紹介され、アスリートや芸能人にも人気です。でも、あんまり大きすぎると普通のおうちでは困りますよね。実際にはどのくらいの大きさなのでしょうか。

酸素カプセル:簡単に搬入できる大きさ!

酸素カプセルは、カプセル内の気圧を高めることにより、肺からの酸素採り入れを促進する器具です。気圧は大気圧以上、1.3気圧ぐらいまで高められるものもあります。さらに、カプセル内の酸素濃度も高めることで、酸素採り入れ効率を高めています。一般には、ご自宅のリビングなどに設置して酸素カプセルを使用されます。でもあまり大きすぎると、リビングが手狭になってしまいますし、第一、搬送するのも一苦労です。
こちらの会社では、次のような手頃なサイズの酸素カプセルを取りそろえていますよ。酸素カプセル(サイズ例):幅2100mm×径750mm×高さ950mm。幅は、人が入れるぐらいのサイズが必要なので、2mを超えますが、高さや径については1m未満となっていますので、一般の家庭でも設置が可能ですね。酸素カプセル結論:酸素カプセル購入時にはサイズをチェック!酸素カプセルを購入する際には、気圧や酸素濃度などの機能に目がいきがちですが、自宅に搬入でき、また、リビングなどにおくことができるか、サイズも確認しておくことが必要です。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]