酸素ルームでリフレッシュしませんか

今はストレス社会。仕事や人間関係、家事、育児など人それぞれ様々なストレスを抱えて心身共に疲労を起こしている方がいらっしゃる時代に日々の生活から少しだけ休んで心も体もリフレッシュさせたいですね。

すがすがしい空間があります。

ストレス社会の中、「リラクゼーション」と言う言葉が生まれて、心や体の疲労をケアするサロンができました。一人でも多くの方に心も体もリラックスしてほしいと言う思いが込められての事です。リラクゼーションサロンはボディケアやリフレクソロジー、アロマオイルマッサージなど体に直接触れて疲れを癒すものがありますが、それに加えて今酸素ルームが話題になっています。人は強いストレスを感じると呼吸が浅く早くなり酸素を取り込む力が弱くなり、また酸素は脳にとって大切な気体で、酸素不足になると心身共に不調を抱えやすくなります。ボディケアやリフレクソロジーに加えて、酸素ルームで「酸素」を取り込む事でリフレッシュでき、気力ややる気が増して来ます。酸素に注目して今は酸素ルームや酸素カプセルなど、「マッサージが苦手」な方にも気軽にリフレッシュできるすがすがしい空間ができました。酸素ルームや「酸素」カプセル独自で設けているサロンは少なく、リラクゼーションサロンでまた、コインランドリー、駅や空港の中、温浴施設の中にあります。待っている間に少しの時間でリフレッシュできるのも魅力です。

十分な幅の酸素ルーム

酸素ルームを店舗に置きたいという場合には、幅について考えておく必要があります。高さ、奥行き、幅の3つを測って、置けるかどうかを調べておけば、搬入の時に慌てずに済みます。

サイズ違いで選べる酸素ルーム

酸素ルームは、MとLの2つのサイズから選ぶことができます。幅を気にする場合には、Mサイズは2060mm、Lサイズは2560mmで500mm違うので、適した方を選ぶといいでしょう。これだけの幅があれば、店舗において自由に使ってもらう時にもくつろいでもらえます。酸素ルームは大きいというイメージがありますが、酸素カプセルとほとんど同じ設置面積で使えます。これは居住空間を上に向けて設計した結果で、これによりカプセルよりも5倍の面積が使えるようになっています。カプセルだと横向きに寝るだけで精一杯ですが、酸素ルームならば閉塞感を感じずに広々と自由に使えます。ソファやベッド、大型液晶テレビなどの大きさの家具や家電も中に入れて使うことができます。リラクゼーションスペースとしてもってこいです。お店の幅に合わせて酸素ルームのサイズを選べば、設置場所に困らず使えます。酸素カプセルよりも広いスペースが欲しいという希望でも、酸素ルームならば実現できます。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]