酸素ルームで疲れが取れるだけではない?

酸素ルームで疲れを取るだけではなく、予防もできることをご存知でしょうか?。
疲労のメカニズムを知ることで、もっと良い利用方法があります。
酸素が、体に本当に必要なことなんだとわかりますよ。
肩こりなどにも有効です。

疲労のメカニズムを考える

体が疲労していると思う状態は、筋肉に乳酸が溜まった感覚になるからです。このような状態、首や肩コリや身体のだるさも同様です。
運動など筋肉が活動するとき、分解されたブドウ糖がエネルギーになりますが、その時にピルビン酸に変換されます。ピルビン酸は酸素をたくさん必要とする物質で、酸素量が少ないと、乳酸が発生し、疲労感が残ります。
発生してしまった乳酸に対して酸素を取り入れてピルビン酸で効率的にエネルギー源にすると考えると、酸素ルームの活用が有効になります。疲労と乳酸は酸素の量によって左右されるのです。
疲労(乳酸)を取り去るための利用だけではなく、疲労しない身体作りのためにも利用できるという画期的なシステムといえます。定期的に活用することで、同じ運動をしてもなんだか疲労しなくなったという口コミも多くあります。
疲労予防のために使用と言えば、アスリートのケガ予防も同じような意味合いになります。疲れは、身体だけではなく、脳も感じることです。大きくため息をついたり、深呼吸も良いですが酸素ルームに入ることで、普通に呼吸をしているだけでも素晴らしい効果を実感することができます。もちろん美容にも良いので、アンチエイジングにも利用できる嬉しい存在です。

耐震シェルターとしても利用可能な毎日使える酸素ルーム

人間は、食べ物がなくても、しばらくは生き延びることができます。
しかし、酸素がなければすぐに死んでしまいます。
酸素は、人間にとって必要不可欠なものなのです。
現代人は、様々な理由で疲れやすくなっています。

酸素不足は健康に悪影響を及ぼす

人間にとって、適量とされている空気中の酸素濃度は30%です。
しかし、現在の地球の酸素濃度は21%くらいなので、慢性的な酸素不足の中で生きているわけです。
大気汚染の影響もあり、酸素濃度は減少しつつあるのです。健康を維持するには、十分な酸素が必要です。必要な酸素を、しっかりと補給することで、体がリフレッシュして細胞も活性化します。酸素は、人間のエネルギー活動と密接な関わりがあるので、足りない分の酸素を補うことで、様々な健康効果や美容効果が期待できるのです。
酸素ルームや酸素カプセルは、筋肉疲労の回復にも使われています。
有名なスポーツ選手の中には、健康のために酸素ルームや酸素カプセルを使っている人も少なくありません。十分に酸素が届くと、ケガの回復も早くなると言われています。通常の環境だと、体全体に十分な酸素が届かないことも少なくありません。そのため、高気圧環境による酸素補給に人気が集まっているのです。溶解型酸素を血液に溶け込ませることで、体のすみずみに酸素を供給することができます。最近は、酸素カプセルよりも広くて開放感があるルームタイプが話題となっています。日本では、個人で耐震シェルターを持っている人も増えています。毎日使える酸素ルームは、耐震シェルターとしても利用することができ、とても便利です。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]