酸素ルームで疲れをとる

酸素ルーム(酸素カプセル)は、カプセル内部の気圧を標準気圧よりも上昇させるための装置で、加圧された内部に人間が入り、その人の健康を促進する事を目的に作られた健康器具です。

酸素ルームの効能とは

酸素ルームは当初、宇宙飛行士の健康管理と体力維持の目的で研究が始まりました。気圧と共に酸素濃度が上がることで体の代謝機能が改善される事から、糖尿病など生活習慣病にも効果があるとされています。人間が生きている限りは、代謝によるエネルギー生成が必要で、体を動かす筋肉細胞や活発に働く脳細胞にも、酸素とエネルギーが欠かせません。もしエネルギーが不足すると、たちまち疲れが出てしまいます。成人病などで代謝機能が低下すると、疲れやすくなるのはこのためです。酸素ルームは加圧した酸素濃度が高いカプセルですので、この中に入ると代謝機能が低下した人でも、十分な量の酸素を吸収できますから、エネルギー不足を改善することが可能になります。アスリートが酸素ルームで疲労回復を試みているのも頷けます。酸素ルーム(酸素カプセル)は、カプセル内部の気圧が加圧されていて、その内部に人が入ると、酸素吸収量が増加し、それによって代謝機能が上昇しますので、疲れが取れます。

サイズで選ぶ酸素ルーム

新鮮な酸素を浴びる事が出来る機械を使ってみたいと思った時、その大きさを見て導入しにくいと感じる事があります。酸素ルームは、従来の製品よりもサイズが小さくなっており、設置場所を選びません。

設置場所に合わせて酸素ルームを選ぶ

サイズが大きい酸素ルームは、設置場所を選び、日常的に活用するのが難しいといった事が多々あります。酸素ルームは、従来製品よりも幅が狭くなっていますが、中の空間の設計を変更する事によって使い勝手を向上させています。空間が広くなっていれば、酸素ルームを使う人々が使用時に窮屈さや閉鎖感を感じる事が減り、日常的に新鮮な酸素のシャワーを浴びる習慣が身につくようになってきます。コンパクトサイズにする事で、いままで設置出来なかった場所でも酸素ルームを設置するスペースを確保する事が出来ます。酸素ルームは、多くのリハビリ施設やスポーツ施設で活用されており、疲労回復やストレス発散など多彩な用途で使われてきています。デザインは、サイズに合わせてスタイリッシュになっており、現代的な部屋に調和させられます。酸素ルームを導入する時には、サイズを考慮して選ぶ事が大切です。そのようにする事で、今まで設置出来なかった場所でも使えるようになり、酸素を浴びたり、吸入したりといった事を習慣付ける事が出来ます。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]