酸素ルームに入っても疲れがとれない

今話題の酸素ルーム。入るだけで疲れをなかったことにできるという魅力的なマシンです。そんな酸素ルーム、早速入ってみたところ思ったような効果がなかったという方がいらっしゃるようです。

生活習慣が極端に乱れている

酸素ルームに入って疲れを取ろうとしてもほとんど改善しないという方に共通しているのが、生活習慣の極端な乱れです。食事が不規則で栄養も偏っていたり、睡眠がほとんど取れていなかったりなど、健康的な生活習慣とはほどとおい生活を起こっている方に多いです。それによって現れた不調を改善するために酸素ルームに入っているのにこれはなぜかと憤る気持ちはわかります。ただ、あまりに乱れた生活習慣では体の歯車がおかしくなり、酸素を取り入れようとしてもできないことがあるのです。
心当たりがあるならまず改善したいのが食事です。時間が不規則なのは仕方ないとして、バランスはある程度考えましょう。外食が多い場合はなるべく和定食にするとか、お酒はほどほどにするなどです。ちょっと考えて変えるだけで、改善するはずです。酸素ルームの効果が実感しにくい人は、まずは食生活を見直すことです。栄養が不足しているといくら酸素を取り入れても、それが疲労を取るためにうまく作用してくれません。

自由度の高さが人気の酸素ルーム

疲労感は体内の酸素不足が大きく関連しています。酸素は血流に乗って栄養素を体の隅々まで届ける役割がありますが、猫背や口呼吸によって呼吸が浅くなると十分な酸素が取り込まれず、体内が酸素不足・栄養不足になって疲労回復を妨げるのです。体内の酸素不足を避ける装置として普及が広がっているのが、酸素ルームです。

省スペースで外装・内装カスタマイズも可能

疲労と酸素の関連性が知られるようになってから、スポーツジムやエステサロン、クリニックなどで酸素ルームを設置するところが増えています。利用者は一定時間酸素ルーム内に入り、高濃度の酸素を取り入れて脳や身体の機能を高めます。酸素ルームの利点は酸素カプセルと異なり複数の人数が一度に入れることですが、設置面積を多くとってしまうのが難点です。
しかし酸素ルームは、独自のコンパクト設計でこの難点を解決しました。酸素カプセルと同等の設置面積を保ちながら高さを出し、居住空間として圧迫感のない構造になっています。小規模スペース内でも設置可能なサイズで、多くの小型店舗が酸素ルームを導入しています。また自宅内に設置する個人からの注文も増えています。
酸素ルームは外装・内装のカスタマイズが可能なので、男性の多いスポーツジムや女性専門のサロンなど、お客様の層に合わせた作りにすることができます。酸素ルームは設置面積や内部の居住性、カスタマイズ可能な外装・内装のおかげで、個人・店舗を問わずだれでも使いやすい製品になっています。酸素ルームメーカーで迷っている方は、より自由度の高い酸素ルームを導入してみてはいかがでしょうか。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]