酸素ルームの意外な活用法

酸素ルームは、通常体の健康増進や疲労回復に利用するものですが、最近では防災シェルターとしても使えることが注目されています。毎日使える空間がいざという時に活躍します。

酸素ルームは防災面でも有効

酸素ルームを導入する医療機関やスポーツ機関が増えてきています。疲労回復の効果が期待されており、かつリラックス効果も期待されていて、心身ともに疲れを癒す効果があるとされています。
しかし、最近ではこの本来の目的以外で注目されてきています。それは、防災シェルターとしても使えるという点です。耐火性に優れ、とても頑丈な作りになっているため、災害にあったときに避難場所として活用することができます。
最近は、自宅でも毎日使える酸素ルームが増えてきているため、個人宅での利用も増えてきています。普段のリラックスするための空間として活用する家庭も増えてきていて、今後さらに人気が増してくることが予想されています。メンテナンスも業者が行なってくれるので、安心して利用ができます。酸素ルームを疲労回復の目的ではなく、いざという時の避難場所として利用することが注目されています。小型化が進んできているので、個人宅でも十分利用することができるようになってきています。

スポーツ選手で有名になった酸素ルーム

ひと昔前、スポーツ選手が酸素ルームを利用することがドーピングにあたるのではないかと議論されました。結論的にはドーピングにはあたらないということになったのですが、ドーピングが疑われるくらい効果があるということで話題になったわけです。

酸素が疲れや怪我を癒す

スポーツ選手がこの酸素ルームを利用する人が多いのは、疲労した身体を休ませることができ、体力を早く回復させることができるからです。また、ケガなどをしてしまったときも、治療の効果を高めることができるということでも注目されています。酸素ルームというのは、その名の通り酸素を効果的に取りこむことができるマシーンです。人間のすべての細胞がこの酸素を必要としています。しかし、ストレスによって呼吸が浅くなっていたり、森林伐採などで地球上から酸素が減っていたることもあり、酸素ルームを通して通常の呼吸では補うことができない酸素を強制的に吸収するわけです。その効果の高さは、多くのスポーツ選手が愛用していることでもわかります。そして最近はサロンに通うだけでなく、個人的に自宅に購入して活用しているという人も増えているようです。様々な有名スポーツたちが酸素ルームを利用しています。疲労や怪我に効果があるかです。同様にハードな仕事で疲れているサラリーマンたちも、最近はよく酸素を補給しているいるようです。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]