酸素ルームの搬入の検討

酸素ルームが、スポーツ施設等で使われていることを知り、「ウチの施設も、」と考えたけど、建物の入り口の関係からあきらめてる方はいませんか?実は検討の余地があるのです。

酸素ルームは意外にどこにでも入る。

酸素ルームの大きさを見て、建物への搬入が困難なので、設置を半ばあきらめてる方も、もしかしたら多いかも知れません。確かに、我々の目から見たら、その大きさをどこから入れるのかで困惑することと思います。
確かに酸素ルームは運ぶことが非常に困難と思われる大型の装置です。しかしながらこの運搬、搬入には、プロフェッショナルがいるわけです。そして、酸素ルームの搬入には、そのプロが立ち会って行います。搬入担当が、最初に現場を確認し、運ぶための搬入経路を確認します。その作業により、高層ビルや、アパート、戸建住宅に到るまで、設置が可能となります。
また、もしも「経路」よりも「入り口の広さ」が問題になりそうな場合は、分割型の商品もありますので、フレキシブルな対応が可能です。酸素ルームはフレキシブルな運搬が可能です。様々な設置手段があり、運び込む手段も色々な手段がありますので、設置を諦めるよりも、最初に相談することをお勧めします。

酸素ルームの導入先は?

酸素ルームは、一般的に余り知られているものとは言えません。しかし、どんなところで、どんなふうに使われているのか?導入されている場所を知ることで、酸素ルームが身近なものになるかもしれません。

幅広く導入されている酸素ルーム

酸素ルームは、大きさの違いや目的に合わせたものがあります。
酸素ルーム「O2-ROOM」は省スペースで使用空間が広いのでソファ・ベッド、エアコンも設置できます。エステサロンや接骨院・整体院などの小型店舗での使用に適しています。
分割型酸素ドームハイブリッド「O2-DOME」は20人まで対応できる空間です。トレーニングジムやゴルフ場などにお勧めです。
ビッグドーム「O2-DOME」は20人~30人対応で、プロスポーツチームなどにも対応できます。
また、低圧酸素ドームは、低圧酸素システムを稼働させることで、アスリートの高地トレーニングをこの酸素ルームの中で行う事を可能にしました。
また、登山家の高山病対策や高地トレーニング、強い体作りを希望する方に適しています。このように意外に身近な場所で酸素ルームは導入され使用されています。今後、導入数が増えるにつれ自身が使用する機会も出て来そうです。これ以外にも被災地で疲弊した避難者や海外協力隊など過酷な労働を行う場や身体に負荷の高い労働企業の福利厚生にも取り入れるなど、様々な導入先を増やしてゆける未来ある製品です。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]