酸素ルームの搬入はプロに任せる

酸素ルームを導入しようとしている様々な施設、あるいは個人宅では、大掛かりな工事が必要だというイメージが強いようです。ただし、最近は搬入などがそれほど大変ではないものです。

酸素ルームの搬入は難しくはない

酸素ルームの設備は、料金的にも、工事の工数的にも、それほど難しくはないという声があります。たしかに、昔と比べると、すばらしいメーカーと設置業者が増えてきたため、難易度が下がっているものです。ただし、酸素ルームは、重さもありますので、プロに任せるのが一番。ヘルスケアにおける酸素ルームのレベルの高さは誰もが認めるところであり、その人気もうなぎのぼり取っても過言ではないのですが、設置の時はやはり、素人考えでやってしまってはトラブルのもとでもあります。技術が高い技術者であれば、理想的な空間を作ってくれるのでしょう。そして、そのような理想的、美的に、麗しく作り上げられ、空間でしっかりリラックスすることで、ヘルスケアの効率も上がってくれるのではないでしょうか。酸素ルームの購入を考えている人は、もちろん製品の性能などを考慮するのは当然としても、意外と搬入や設置に気を使っている人はまだ少ないように感じます。最高のプロに搬入を任せて、よい空間を作り上げることをお勧めします。

酸素ルームの新たな活用方法を模索

酸素ルームは美容や健康器具としての存在価値が高いですが、実際にその設置によって防災シェルターとしても使えるメリットも存在します。耐熱性に優れた頑丈なボディで、しかも中には人間の呼吸に欠かせない酸素が充満させることができるためで、煙火災に効力を発揮するからです。

防災シェルターとしての価値

酸素ルームは毎日使える機材ですが、非常用の場合に防災シェルターとしても使える新たな使い道があります。人々を恐怖に陥れるビル火災などで煙火災が発生し、その煙を吸うことで意識を失い、逃げ遅れて命を落とすことがあります。
酸素ルームはまずボディが耐熱性に優れた頑丈な素材であること、またドアを閉めた時、外気を取り込めないような密閉した状況になります。そのため新たな使用用途として、非常時の防災シェルターとしても使える価値を持つ物も存在します。
酸素ルームは毎日使える機材でもあるため、簡単に入り込め、非常時にもそこに逃げ込んだことで助かる事例もあるはずです。ただ本来の使用とは異にしますので、メーカーの製品によっては防災シェルターの機能がない場合もあり、注意は必要です。ビルなどの施設では有害ガスが発生する煙火災が多く、煙に巻き込まれるケースが存在します。そういったシーンでは酸素ルームに逃げ込めば、対応できる場合も多く、そこに逃げ込んだことで助かる場合も多くなります。ただ防災シェルターとして活用できるか、メーカーに問い合わせる必要はあります。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]