酸素ルームの設置や価格

酸素ルームは設置面積は酸素カプセルと同じでも中は自由に動ける広さがあります。個人に人気があり、これまでは設置場所の確保が難しく酸素カプセルを使う人が多かったですが、最近は省スペースの酸素ルームが人気です。

酸素ルームは価格も手ごろで保証も

酸素ルームのMサイズだと省スペース設計なので横幅や奥行きは酸素カプセルとほぼ同じです。高さは150cmあるので酸素カプセルよりも圧迫感もなくゆったりとくつろげます。
空間が広いので耳への負担も軽くなり耳抜きも楽です。広めなのでテレビやソファなども入れられるので家族一緒に使えます。
製品はネジ1本まで純日本製にこだわっていて開発も長い年月をかけて、品質を上げて安定させるために実験を繰り返しています。
万一のために酸素ルームには10年保証がされているので安心です。他にも店舗向けとしてのぼりやポスター、ビジネスプレゼン資料などの販促用ツールも無料で提供しています。
他のメーカーではないアフターサポートも充実していますし、対応してくれるので長く安心して使うことが出来ます。酸素ルームとなるとこれまでは置く場所なども限られていて、気軽に一般家庭や小さな店だと置けないこともありましたが最新のものはコンパクトになっていてカプセルと同じ面積なので困ることもなく、価格なども手ごろになってきているのでおすすめです。

酸素ルームの気になる大きさ

呼吸をするという日常何気なくしている行為で私たちの体に取り入れられている酸素。酸素があることで、私たちは生命維持できているわけです。ただ、加齢とともに酸素をとり入れる能力が低下し、酸素不足に陥ってしまいます。

酸素ルームで酸素をとり入れる

酸素が不足すると新陳代謝の能力が低下し、身体に様々な不調があらわれてしまいます。酸素をとり入れる方法としてあるのが酸素ルームの利用です。高濃度の酸素の空間にいることで、リラックスしながら体内に酸素をとり入れて、新陳代謝を活性化し、健康な体に近づけるのです。
そんな酸素ルーム、ルームとだけあって室内にエアコンやテレビを設置でき、リラックスした状態で利用できるのが魅力ですが、そうなると気になるのが大きさです。あまりに大きいと自宅に持つことは難しいかもしれませんが、どうなのでしょうか。
酸素ルームにもいくつか種類があって大きさとしては幅が60センチくらいから奥行きが1.2メートルくらいまでが平均的な大きさです。もっと大きいのもありますが、カプセルとは違って横たわる必要がないので、意外に省スペースなのです。酸素ルームに入って健康に近づきたい、けれど大きさが気になる、そんな方は安心してください。60cm×120cmくらいのスペースでも可能なので、日本の狭い家でも楽々収納できます。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]