酸素ルームはスポーツのパフォーマンスも上がる?

スポーツをしている方にとって、日々のケアは重要なポイントですよね。疲れを翌日に残さないことや試合当日に万全の状態で望むことはトレーニングの成果を出すためにも重要なポイントです。ここでは酸素ルームについて説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

酸素を取り込むことで疲れが残りにくい

ハンカチ王子こと斉藤祐樹選手が、早稲田実業高校時代に使っていたといわれている酸素カプセル。甲子園の炎天下でピッチングをするために、相当な体力を消耗するはずですが、酸素の力で無事に甲子園優勝を果たします。どうして酸素を取り込むことでケアに繋がるのかというと、全身の筋肉で行われる呼吸が活性化するからです。酸素は脳や筋肉を動かす原動力のようなもの。エネルギーと酸素があって初めて機能します。また疲労物質を体外に出すためにも酸素は必要とされるため、高濃度の酸素を取り込むことは身体に良い影響を与えるというわけです。当時は酸素カプセルでしたが、現在では酸素ルームという部屋型になっているため、狭いところが苦手という方でも問題ありません。エアコンで温度調節もできますし、テレビやDVDプレイヤーを設置しているところもあります。快適な空間でリラックスに最適となっているので、明日に疲れを残したくない方は利用してみてはいかがでしょうか。酸素ルームはカプセルに比べて、聞きなれない言葉かと思います。しかしプロスポーツ選手といったアスリートだけでなく、主婦や会社員の方も利用している利便性の高いサービスです。日々の疲労を癒す効果もあるので、明日も万全の状態ですごしたいという方は一度利用してみてくださいね。

酸素ルームの利用でアンチエイジング効果を狙う

アンチエイジングといえば、サプリメントのことがまず頭に浮かびますが、若返り効果を狙う場合、サプリだけではなく、最近は酸素ルームの利用も増えています。濃度30%の酸素を吸うことで細胞が活性化して新陳代謝が良くなったり、美肌にもなる、といった効果も期待することができます。

高濃度酸素と若返りの関係とは?

高濃度酸素を放出することができる酸素ルームに入って、濃度30%の酸素を吸っていると、アンチエイジング効果があるのではないかといわれています。では、なぜ、高濃度酸素を吸うと若返り効果が期待できるのかといえば、血液の中の隅々まで酸素が行き渡り、それが細胞まで届いてその働きに影響を与えるからです。というのも、酸素カプセルで取り込まれる酸素は、赤血球の中のヘモグロビンと結びついた結合型酸素ではなく、血漿に溶け込む溶解型酸素なので、毛細血管から全身に伝われやすいものとなっています。そのため、新陳代謝が活発になり、細胞が活性化することで全身がみずみずしく若返っていきます。それだけでなく、毛細血管を通じて豊富な酸素が皮膚にまで届いて取り込まれるため、皮膚の状態が良くなり、外見から若返っていく効果が期待できます。そのために、高濃度酸素のサービスは、従来のアスリートの人たちだけでなく、女性の利用も増えています。高濃度酸素を体内に取り込むことができる酸素ルームで吸った酸素は、血漿に溶け込む溶解型酸素なので、毛細血管から全身の隅々まで伝わって行きます。酸素を十分に吸収した細胞は、新陳代謝が活発になり、細胞が活性化して肌がきれいになるといった、アンチエイジング効果が期待できます。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]