酸素ルーム設置 省スペース 10年保証

デビッド・ベッカムが負傷し、怪我の回復ため酸素ルームを使用したというニュースを見てその効果とメカニズムに興味が湧いてきました。また、エステやスポーツジムの広告でも見かけ、利用できるところがあり、機会があれば試したいものです。

酸素ルーム設置に必要なスペース

 ワールドネットインターナショナル株式会社の機種で10年保証のタイプは、小型店舗向けや家庭向けの2、3人のタイプ「O2-ROOM」、3人程度でアスリートの人が使うタイプ「O2-DOME」、イベントや大型の店舗向けの20人収容できるタイプ「O2-BIGDOME」が販売されています。
 スペースの観点から見ると、小型店舗向けや家庭向けの2、3人のタイプ「O2-ROOM」は、MサイズはW2060×D840×H1500(mm)で、布団1枚のスペースで高さが150cm、LサイズはW2560×D1200×H1500(mm)で全長が50cm長くなり、一回り大きくなります。少し余裕のある車の後部座席をイメージすればいいかもしれません。
 アスリート用の「O2-DOME」は分割可能ですのでスペースに合わせて使用できますので省スペースで設置できます。3連結タイプでW1500×H1900×D2600(mm)です。 大規模用の「O2-BIGDOME」はW2300×H2300×D6000(mm)で20人収容できます。向かい合う形で、6mで20人入れます。 アスリートの選手の人の怪我回復に酸素ルームが利用されているニュースが話題になっています。10年保証されているタイプでは、布団1枚程度の面積のスペースのタイプから、分割可能のタイプ、20人収容の大型タイプまで用意されています。各種省スペースの工夫がなされています。

ストレスの解消に役立つ酸素ルーム

最近は社会が複雑化したこともあり、老若男女を問わずストレスを溜め込む人が増えています。心に余裕がなくなり忙しい日々が続くとうつ病などの心の病気を患うリスクが高まります。心の病気を防ぐには酸素ルームが最適で、心をリフレッシュすることができます。

心をリフレッシュできる酸素ルーム

オーツールームは通常の酸素カプセルよりも室内が広く、リラックスした姿勢で新鮮な酸素を吸うことができます。ストレスが溜まると呼吸が浅くなり、十分な量の酸素を吸入することができなくなりますが、オーツールームの中に入ると不足している酸素を補うことができ、疲れた心と体を癒やしてくれます。人間の心と体は密接に関係しており、心の状態が良くなると免疫力が高まり、体の状態も良くなります。心の状態を改善するには新鮮な酸素が必要であり、オーツールームが大いに貢献します。オーツールームは狭い場所にも設置することができますので、自宅にも手軽に設置することができ、家族の心と体の健康維持に役立ちます。高齢者や怪我をしている人は普通の酸素カプセルに入ることは困難ですが、オーツールームは出入り口が広いので、高齢者や怪我をしている人でも容易に入ることができます。オーツールームで新鮮な酸素を吸うと脳の認知機能が高まり、怪我の治りも早くなります。酸素ルームのオーツールームの中に入って新鮮な酸素を吸うと心がリフレッシュして、ストレスの解消に繋がります。オーツールームは狭い場所にも設置することができ、出入り口が広いので、高齢者や怪我人も容易に入ることができます。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]