酸素ルーム~その魅力とは

スポーツ選手のトレーニングや医療機関などで使用されていることでおなじみの酸素ルームですが、実はコンパクトなサイズなものもあり、自宅で使用することも可能です。その魅力をお伝えします。

酸素ルームを導入する魅力

酸素ルームは酸素の力で体に働きかけることにより、様々な影響が期待できると言われています。また酸素の薄い、高地でのトレーニングと似た影響も期待できるとされています。酸素ルームはスポーツジムや医療機関などにも設置されていますが、自宅に導入すれば毎日使えると言うメリットがあります。毎日使えることができれば、より体に対しての良い働きかけが期待できます。また酸素ルームは、防災シェルターとしても使えると言う側面があります。強固な造りになっているので様々なアクシデントに対しても安全が確保できることが期待できますし、人間の生命維持には欠かすことができない酸素が供給されるため、防災シェルターとしても使えると言うことです。勿論、普段はプライベートルームなどとして使用するのも良い方法です。普段の生活の中で、酸素ルームの必要性はあまり感じないと言う人も少なくないかもしれません。ですがひとつ導入しておくと、健康面だけでなく、防災面にも役立つことが期待できます。

酸素ルームで溶解型を選ぶ理由

酸素ルームは温泉施設などにも導入されてきているほど一般的に浸透してきています。一般的に同じ括りで扱われているので、全ての形式で同じ効能が得られると思われています。

酸素ルームに見受けられる2つの種類

あらゆる場所で目にすることができる酸素ルームというのは、実ははっきりとした違いがあり大きくカテゴライズすると結合型と溶解型に分類されます。人間が日頃何度も繰り返す呼吸にて身体の中に酸素を取り入れているのは結合型です。
しかし、こうした方法で得た酸素というのは、全身に存在している毛細血管に比べて大きいので、全身に行き渡らせることができません。そのため血流が悪化してしまう起因に繋がってしまうのです。結果的に生活習慣病や老化になってしまうのですが、酸素ルームなら溶解型の酸素が発生されるため導入されている機器を利用すると身体の隅々まで行き渡らせる事が可能になります。
つまり、酸素ルームに入ることによって知らないうちに気圧がかかるので、取り除くことが難しい疲労まで解消できるのです。このように、酸素ルームにはいくつかの種類があり、利用者が的確に選ぶことが求められます。比較的古い機器が導入されている場合は結合型の事例が多いので、見極めるようにしましょう。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]