非常時にも利用できる酸素ルーム

酸素ルームは、病中病後などのリハビリだけでなく、スポーツ大会前の運動能力アップなど毎日使えるメリットが存在します。それだけでなく美容維持やストレス発散の気分のリフレッシュにも最適で、カプセルタイプであるためユニークな活用方法としては防災シェルターとしても使える魅力があります。

毎日使える酸素ルームは魅力的な存在

人体の疲労感は待ったなしで毎日発生するもので、それだけ毎日使えることは大きいです。専門メーカーならメンテナンスもしっかり行ってくれることと利用者が安全に利用できる様に常に配慮してくれます。また酸素シェルターは外気と遮断する構造にもなっていますので、カプセル素材が耐熱式であったりすれば、例えばビル火災などが発生した場合に、そのカプセル内に居れば助かるケースもあります。つまり防災シェルターとしても使えるのは大きなメリットです。酸素ルームをビルや工場などの大規模な施設に備えておくことは有効で、万が一、外に逃げ遅れた場合には緊急避難として活用することも可能です。ビル火災などで人命を失う原因は火災から発生する煙を無意識に吸い込んで、意識を失うからでそれを回避することも出来たりします。このように酸素ルームは、リハビリや疲労回復で毎日使える点と新たな活用事例では防災シェルターとしても使える点があります。本来の使用されるべき酸素ルームの使用目的とは違いますが、緊急時にそういった活用もできることで、災害などから身を守ることができる可能性を秘めています。

酸素ルームは自由度が高いスリム設計です

酸素ルームで疲れが改善することもあるのです。酸素濃度は近年の大気汚染などで徐々に減少傾向にあります。専用サロンで酸素補給できることは知られていますが、酸素ルームを自宅などでも利用する方法があるのです。

疲れも癒されることがある酸素補給

スポーツの後に中々が疲れがとれない、なんとなく日々だるさを感じるなどの症状を感じることがあります。特に病気という訳ではないのですが、気分が優れない時があります。そんな場合には酸素補給を考えてみるのも良い方法です。酸素を補給すると血液がリフレッシュされて体の中の細胞が活性化されます。酸素ルームの酸素は溶解型酸素で血液やリンパ液に溶け込むことができ、抹消組織まで届きます。溶解型酸素は大気中にも存在していますがわずかなのです。酸素ルームは購入可能で、整骨院などでも設置可能な酸素カプセルと同様のスリム型省設計のスリムタイプは、省スペースサイズですがテレビを置けたるなど自由度が高い設計になっています。酸素ルームは専用サロン以外にも手軽に設置することができるのです。酸素は結合型酸素で血液中のヘモグロビンと結合して細胞に運ばれますが、ヘモグロビンにも数に限りがあり全身に運搬される量も限られてくるのです。だるさがぬけない、スポーツ後の疲れを早めに改善したいという場合には酸素ルームの溶解型酸素を体内に取り入れることで悩みの症状が改善することが期待できます。


製品についてお気軽にご連絡ください。[お問合せ][お見積もり]